Calista 89ML/TZ NANO インプレ

ヤマガ カリスタ 89ML/TZ NANO インプレ

[YAMAGA BLANKS からの抜粋]

Calista 89ML/TZ NANO カリスタ89ML/TZ NANO
テトラや沖磯、足場の高い波止などでもあらゆるシャクリがおこなえるハイバランスモデル。圧倒的な遠投性能に加え、春イカから秋イカまでオールシーズンであらゆる誘い演出が可能な高い汎用性能を誇ります。そして、特筆すべきはボトムマテリアルから海草の柔らかさまでも感じ取るクリアーな高感度性能です。単にイカが触ることを知る感度ではなく、見えない海中の状況把握性能に優れた、スーパーセンシティブモデルが89MLです。

89ML.jpg

LengthWeightSectionLureLineCarbonPriceJAN CODE
2672mm100g2pcs2.5~3.5号Pe 0.5~199.8%47,000-(税抜)4560395515047

仕舞寸法 : 1365mm ジョイント : 印籠継 ガイド:TZチタンフレームKガイド(Fuji)+トップガイドのみ SiCチタンガイド仕様
リールシート:VSS16(Fuji) 適合スピニングリール目安 : D社製2500番程度/ S社製 2500(C3000)番程度
※ロッド寸法 a.リール装着時のリールフットからのグリップエンドまでの長さ  b.フードナットを締めこんだ時のグリップ全長
(2015年8月発売)

DSC03003.jpg

たまたま寄ったキャスティング福岡店で、ヤマガブランクス展示会が開催されていたので買ってしまった (^-^;
近々カリスタを買う予定ではあったので、ちょっと時期が早まったという感じで(笑)

■買ってしまった理由

・エメラルダスAGS 86M への不満点

AGSガイド 壊れた
エメラルダスは、AGSガイドが破損しました。やっぱりAGSはもろい。
モアザンAGSもガイド割れたし。デザインはカッコいいんだけどね。
繊細過ぎて、取り扱いが面倒。もっと丈夫なものが欲しい。
やっぱり最強はチタンな気がします。トルザイト搭載でガイドも軽量化されてるし.。
 
もっと情報をくれ
エギからの情報が少ない気がしします。AGSガイドは感度もいいはず、なんだけどなぁ。
期待より下回ってた。ライン細くしてもそんなには変わらなかった。

Mはちょっと固い (→これは自分の選択ミス
4号エギも使えることからMを選択。ところが固くて、1日中シャクルのがツラい。
素早くしゃくる場合に、けっこう力が必要なんですよね。 
MLなら、もっと楽にしゃくれるはずと考えて。

・89MLを選択した理由

感度と長さの両立
カリスタは、実は82MLとだいぶ迷いました。82MLはシャキッとした感触が取り回しの良さを連想させます。
ただ、風が吹く日はすぐ着水させたいから長いほうが助かる。大は小を兼ねる理論を正としました。
また、通常だと短いほうが感度が良さそうな気がするのに、82MLより89MLのほうが感度が上なら遠投性も考えてこっちでしょ。
 
4号対応でなくても大丈夫
カリスタ 89MLは3.5号まで。カリスタ 86Mは4号まで。
でも、実は4号エギもほぼ大丈夫だとヤマガの人も言ってた。
実際に投げてみたけど、もちろん何の問題もない。
ディープエリアで4号を使った激しいしゃくりをしたいならMがいいのかも?
実際の使用は、藻の上でしゃくるパターンが多く、そんなにエギを深く沈めるシチュエーションは少ないので、
4号エギ使ったら破損するとはとても思えません。

■所有ロッド(ダイワ エメラルダスAGS 86M) との比較

以下、このように記載します。
① = エメラルダスAGS 86M
② = カリスタ 89ML/TZ NANO


[飛距離]

エメラルダスAGS 86M
納得の飛距離。やっぱり飛ぶな~。ダイワの設計のすごいところは、飛距離を伸ばすのに技術があまり必要ないこと。初心者でも結構飛ばせると思う。
飛距離で竿抜けポイントをカバーできるのは、釣果アップに直結する大事なファクターですね。
また、背後にバックスペースがない場合、ティップだけで投げても結構飛んでいく。テトラ帯で釣ってる場合は、大きなアドバンテージだと感じます。

カリスタ 89ML/TZ NANO
低弾道でキャストすると、意外なほど飛距離が出ます。ただ、アベレージとしては、①より10%ほど落ちる気がします。
MとMLを比較しているので、当然だと思います。
多少使い手を選ぶロッドかもしれなくて、イージーに投げると伸びません。
ただ、このロッドを選択する人は、ある程度やり込んでいる人だろうと思いますので、最大限パフォーマンスを発揮できるはずだと思います。

[ガイド抜け]

エメラルダスAGS 86M
FGノットを巻き込んだ場合でも、キャスト時は音はほとんど出なかった。投げ方でも違うけど。
ただ、たまにラインがガイドをこする音は聞こえたので、バックラッシュしないかちょっと心配な時はありましたね。
まぁ、実際にはバックラッシュ/エアノットはほとんど起きなかったですが。発生したのは、強風時のみ。
フジガイドよりはるかに性能面で落ちるのではないかと思ってたけど、AGSガイドは案外優秀だと思う。
ただ、AGSの外周はちょっとがさついている場合があるので、ラインが引っかかったりしないか、ちょっと心配。

カリスタ 89ML/TZ NANO
なんの不満もない。ガイド通過音もほとんどわからない。
トルザイトの良さ?わかるわけない(笑) ①よりガイドの径は大きいです。

[シャクリ(ジャークなど大きなアクション)]

エメラルダスAGS 86M
不得意。Mでファーストアクションのロッドだからか、なんか不自然。やりづらい。ドラグ強めだと、やり方によっては手首に大きな負担を感じることも。上手にやればいいのかもしれないが、足場の問題とか風の問題とか、釣り場は刻々と状況が変わるため、いつも上手にはできない場合もある。

カリスタ 89ML/TZ NANO
一瞬、自然な感じにロッドが弧を描き、負荷がなくなるとすぐ元に戻ります。
次のアクションにスムーズに移行できます。多きるしゃくると、バットまで曲がっていると感じます。左右へのブレも少なく、イメージ通りに垂直方向にしゃくれました。ドラグ強めでも、ロッドが圧を吸収してくれて、手首に負担を掛けずに済む気がしました。

[シャクリ(ビシバシ系)]

エメラルダスAGS 86M
体力の続く限り高速シャクリが可能。ニュートラル状態への戻りが早いのと、ロッドにパワーがあるので、エギを自由に上下させている圧倒的なパワーを感じます。ただ、ロッドにパワーがあり過ぎてちとキツイ(笑)
固いので、ビジバシさせるにもそれなりの力が必要です。
やりすぎると、イカには見えないくらいに早くエギが上方にすっ飛んでいってるような気がします(笑)
でも、イカの反応はいいです。

カリスタ 89ML/TZ NANO
エメよりもはるかに弱い力で、ビジバシできます。アクションに必要な力が最小限で済んでいる、と感じる。トルザイトはsicよりも軽くて丈夫だから、結果的にチタンガイドも軽量化できる、ので、ロッドの収束を早めることができる、ということなのでしょう。
イメージ通りの、裏切らないアクションを実現してますよ。

[感度]

エメラルダスAGS 86M
イカが乗ったりするのは当然わかります。ただ、着底がわかりづらい。ナイトエギングだと、ラインテンションをしっかり保っていないと何やってるのかわからなくなって、自分を見失いそう。でも、ラインテンションがロッドの感触ではわかりづらい。

カリスタ 89ML/TZ NANO
小さな藻がカンナに引っかかっていても違和感を感じられます。海草のやわらかさ?そこまではわからん(笑) 水中でエギが流されている感じはよくわかります。
ただ、エメよりははるかに感度が高い。ナイトでもラインがトップガイドに触れている感触がわかるので、状況を把握しやすい。何かに触れた感じもわかるのでエギをコントロールしやすい。
乗った、から、合わせ、までの時間を早くできるようになった、と感じます。

[ランディング]

エメラルダスAGS 86M
パワーがあるので簡単に寄せてこれる。2キロ級でも余裕がありました。それでいて、サイズに合わせてロッドが曲がってくれるのでラインテンションを心配する必要はなく、ラインに負担を掛けることもありません。ただ、引きが弱い個体は、藻?と思う場合もありました(笑)

カリスタ 89ML/TZ NANO
ロッドを変えたばかりの頃は、500gサイズでも、おっ大型か?と感じてしまったことがありました(笑)
ロッドが柔らかく追従するので、ラインテンションが緩みません。カンナが外れるなどの心配はいりませんねぇ。
500gくらいなら抜き上げました。それ以上はツライかも。

[デザイン]

エメラルダスAGS 86M
カッコいいですね。やる気にさせます。ダイワは、デザインに力を入れていると思います。
釣果に直接関係なくても、プラシーボ効果で釣果も上がってくるのでは。

カリスタ 89ML/TZ NANO
地味すぎ(笑)もうちょっとデザイン考えてほしいなぁ。

[印籠継ぎ]

エメラルダスAGS 86M
ダイワのロッドはだいたい v-joint ですね。素晴らしい使い勝手で、さすがダイワ品質。

カリスタ 89ML/TZ NANO
半日ほど使ってたら、抜けました。あっ、穂先が海に逃げていく~って(笑)
そういえば、シマノのルナミスが同様に抜けたことがありました。
ここはもっと改良すべきポイントだと感じます。がんばれヤマガ。

[リールシート]

エメラルダスAGS 86M
安定した使い心地。文句なし。

カリスタ 89ML/TZ NANO
上から締め込むタイプで、少し慣れが必要でした。緩んだりはせず、悪くない。

[総評]

カリスタ 89ML はバランスがとてもよく、非常に使いやすいロッドに仕上がっています。
感度がいいので、ナイトエギングでもエギのフォールや、なにかに触れたことがわかりやすく、ラインが見えなくてもエギングが成立します。激しいシャクリも、ゆっくりしたシャクリも、イメージ通りに操作でき、意図したアピールをイカにしているのだと思います。
操作感は軽く、ホントに一日中エギングできる、かもしれない(笑)

手持ちのエメラルダスAGSと比較しましたが、甲乙はつけがたく、どちらも長短があると思います。
ロッド1本で春も秋もカバーしたいなら、カリスタ 89ML/TZ nano がいいかなと思いました。

良かったら拍手をお願いします

コメント

カリスタTZ NANOで検索して辿り着きました!
自分も全く同じで、エメラルダスAGSからの買い替えを考えていた為、大変参考になりました。
全体の記事を拝見しても、ナノカーボンの恩恵でシャクリが楽になったという印象を受けました。
自分はショートピッチが続くと手首を痛める為、手首に優しいという事が大変ありがたいです。
では、失礼します!
Re: タイトルなし
レビューを参考にしてもらえると励みになります。
実際、こちらも買う前にいろいろ検索しましたが、レビューが少なくて。
使ううちに少し印象も変わってきたので、さらにセカンドレビューでも追加しようかなと、思ってました。
コメントありがとうございます(^_^)
Calista 89ML/TZ NANO検索してたどり着きました。今、所有しているカンジ タイドオーバーでシャクてるんですが、ラインはっても、細くしてもエギの着底等が感じないのでCalista 89MLはどうかなーと検討してますm(__)m

セカンドインプレあればよろしくお願い致しますm(__)m

No title
カリスタで検索して拝見させていただきました。
とてもわかりやすいインプレで86Mを検討していたのですが89MLが欲しくなってきました笑

20g程度のライトショアジギングもしたいと思っているんですが、89MLでは難しいですかね?
やられてたら教えていただきたいです!

セカンドインプレ楽しみにしてます。

コメントの投稿

非公開コメント


リンクは上部メニューの"リンク▼"を押してください
広告2
検索フォーム
リンク
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
548位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
39位
アクセスランキングを見る>>
ブログ村ランキング
広告3
人気ブログランキング