がまかつ TREBLE RB MH レビュー

シーバスにおいて、フックというのは非常に重要ですよね。
しかし、たくさんあるルアーのなかで、すべてのフックをチェックするのは至難の業。
よっぽど時間がないとそういうメンテはできません。
そこで、このフックの出番です。

DSC_0311.jpg

フックの一番の大敵はズバリ"錆び"ですね。

このシリーズは、超防錆と銘打って販売されているだけあって、錆びに強いです。
また、細軸になっていて、ルアーの泳ぎを阻害しないし、フッキングもいいです。ガッツリ刺さってます。
同じサイズのカルティバより、2~3割ほど細いのではないでしょうか。
(→計測したのではなく、あくまでも個人の主観です。いろんな意見があると思います)

(余談ですが、トリプルフックはがまかつですが、ジギングなどのアシストフックはカルティバを使用してます。
とあるメーカーに肩入れしているわけではなく、散々使ってきていいものはいい、と判断した上でのことです)

MH(ミディアムヘビー)で、強度も高いようです。
でも、実際にどれくらい強いのかはわかりません(笑)

どうしてメーカーで強度を数値で出してくれないのでしょうね。
フッキングポイントによって強度が変わってくるから、ということなのかもですが、強いというだけではわからない(笑)
目安くらいは欲しいところです。でないと、このブログで紹介しても説得力がない(^-^;

ただし、固いので曲がって耐える作りではなく、強度を超えた負荷が入力された場合は、ポキッとあっさり折れます。
ここに関しては、折れずに曲がっても結局は逃げられてしまうので、どちらがいいかを論じるのはなかなか難しいところでしょう。

それと、値段がちょっと高いです。
6個入りで、800円。一個134円くらい。

高いので、全部のルアーに装備しようと思うと大金が必要です(笑)
3フックのルアー10個を付け替えると、30個必要。
800円*5個=4000円。。。やっぱり高い。

というわけで、頻繁に使用するルアーだけに絞って装着するのがいいですね。
いわゆる、選択と集中です。

また、錆びが出た場合に、ステンレスブラシ(いわゆるさび落とし)でゴシゴシするとキレイになります。
が、錆び止めコーティングがはがれるらしいので、しばらくするとまた錆びます。
でも、応急措置として十分使えます、刺さります。まぁ、セコ技ですが(笑)

ルアーのフックは、どれを選んでいいのかわからない場合も多々ありますよね。
ルアーのフックが錆びて交換しようとする場合の参考になれば、と思います。

良かったら拍手をお願いします

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


リンクは上部メニューの"リンク▼"を押してください
広告2
検索フォーム
リンク
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
362位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
32位
アクセスランキングを見る>>
ブログ村ランキング
広告3
人気ブログランキング